Windowsでクリップボードを最大限に活用するためのツール

Windowsでクリップボードにアップグレードする
マイクロソフトのさまざまなバージョンの多くのフォロワーは、マイクロソフトが開発していないことは完全に信じられないことだと考えています クリップボードに実装する機能がますます増え、 これは現在、何かをコピーして貼り付けるためにのみ使用されています。
この「何か」は、非常に多様で多様な要素を表しており、その中で画像が際立っており、他の多くの同様の特性の中でも、Webページのそれぞれのキーと完全なURLアドレスを使用してそれらをキャプチャしています。 あなたが探しているなら コピーしようとしているものを改善するための代替案 Windowsのクリップボードに向けて、以下で提案するリストを確認することをお勧めします。

Windowsのクリップボードに関する基本的な考慮事項

この時点で、コピーと貼り付けのこのタスクで通常何をするかを検討する必要がありますが、場合によっては 他のユーザーは「カットアンドペースト」機能を使用できます; 後者は、任意の要素をXNUMX回コピーする可能性を指します。これは、その要素が必要な他の場所に移動されると完全に削除されます。 このタスクを繰り返し実行すると、新しいコピーが以前に実行したものに置き換わります。
これらの同じMicrosoftフォロワーは、Windows XPではSystem32ディレクトリに「Clipbrd.exe」というツールがあり、それを抽出してWindows 7以降のバージョンにコピーし、いくつかの追加ツールを楽しむことができると述べています。そのオペレーティングシステムリビジョンで実装されています。

このツールには、Windowsコンピュータのメモリに多数の要素を保存する機能があります。 これは、内部構成から定義する必要があります。
ArsClip
互換性は複数あります。つまり、ユーザーは さまざまな種類の画像、音声、ファイルをコピーして貼り付ける あらゆる種類のテキスト形式。 内部構成から、クリップボードを完全に無効にするか、いくつかのキーボードショートカット(そこで定義する必要があります)を使用して特定のタスクを実行できます。

  • 2. CLCL

このツールは、最初は2005年に開発され、Windows 7ビットに特別な注意が払われたときにメジャーアップデートが行われました。
CLCL
このツールがユーザーに提供する最も重要なことは、 コピーアンドペーストタスクからツールを除外する; つまり、このタスクを頻繁に使用するが、特定のインターネットブラウザーで実行されない場合は、このツールを唯一の例外として定義して、要素の型がコピーおよび貼り付けされないようにすることができます。後であらゆる種類の作業で使用します。

これは、テキストコンテンツをコピーして貼り付けることができる、現在存在する最も単純なツールのXNUMXつです。
クリップボードマジック
特定のWebページにアクセスしていて、そこに存在するすべての情報をコピーする場合、このツールを使用してすべてのコンテンツをコピーし、 後でそれを単純なテキストファイル(フォーマットなし)にエクスポートします。

開発者によると、これは 機能数が最も多いツールのXNUMXつ Windowsクリップボードでのユーザーの作業を改善することになると。
クリップジャンプ
ここでは、開発者によると、10.000を超えるエントリをキャプチャ(メモリにコピー)する可能性があります。その中には、スクリーンショットを撮る、Webサイトにアクセスするためのパスワードを保存する(高度暗号化)などの追加機能が含まれます。他のいくつかの機能の中でも、私たちが定期的に使用する要素の自動コピーを作成できるようにするため。
私たちが言及した代替案は完全に無料で使用でき、ほとんどがポータブルです。 これらのツールの利点は、RAMメモリの消費にあります。これは、ツールの中には同時に数千の機能を提供できるものもありますが、開発者によると、RAMメモリが誇張されて消費されることはほとんどないためです。

コメントを残します