高校の教室用プロジェクターでiPadを使用する

プロジェクターとiPad
特にあなたが教師であり、iPadAirであれiPadmini Retinaであれ、真新しいiPadを購入したいという誘惑にまだ屈していないのであれば、今日お話しすることはあなたの興味を引くものです。
多くの場合、iPadが本当に教師にとって優れた作業ツールになり得るのか、そして中央のプロジェクターでその画面の画像を投影できるのかどうか疑問に思っています。 答えははっきりとイエスです。
iPad 2から始めることを検討している既存のiPadモデルはどれも、画面に表示された画像をプロジェクターに送信することができます。 私たちはXNUMXつの方法でそれを行うことができます、はい、一方はもう一方より少し高価です。 多くのユーザーは、特定のタブレットを購入する前に、VGA、HDMI、USBポートがあるかどうか、そして何千ものポジションが頭に浮かぶかどうかを確認するために立ち止まります。 彼らがiPadにたどり着くと、「これにはポートがないので、あまり役に立たない」と思います。 彼らは間違ってる。 IPadは 人間工学を保証します デバイス自体の ポートの多様性のために、 言い換えれば、それは何も持っていませんが、同時にそれらすべてを持っています。 iPadの場合、ブランドの他のiDeviceと同様に、それらが持っているのは照明ポート(古いiPadの古いドックポート)だけです。 その単一のポートを介して、Appleはデバイスの充電から、有名なiTunesとの同期まで、すべてのアクションを実行でき、両方で変換することもできます。 VGA、HDMIポート、SDカードリーダーまたはUSBポートのアダプター。 これらのアダプターにはそれぞれコストがかかるのは事実ですが、iPadをお持ちの場合は、タブレットにそれほど多くのポートを用意する必要がないことにすぐに気付きます。 あなたはあなたが着るものだけを必要とします、そしてそれはアップルの哲学です。 この場合、プロジェクターでiPad画像を投影できるようにするには、次の手順に従う必要があります。

  • iPadまたはiPhoneの電源を入れ、それぞれの場合に適切なアダプターを接続する準備をします。
  • プロジェクターには最も正常なVGA入力がある場合があるため、必要なアダプターを準備しますが、プロジェクターが最新世代の場合は、最高の信号品質を得るために推奨されるHDMI入力があります。

ポートドック
照明のOUERTS

  • これで、プロジェクターをアダプターに接続するだけで、すべての準備ができたら、挿入します。 iPadまたはiPhoneの照明ポートまたはドックへのアダプターのもう一方の端。 デバイスのコネクタモデルを考慮してアダプタを購入する必要があることに注意してください。

数秒で、iPad画面の画像がプロジェクターに複製されます。調整は必要ありません。
iPadの画像をプロジェクターと共有する別の方法があります。それは、これらのプロジェクターにブリッジとして機能するAppleTVを提供することです。 iPadとプロジェクターの間でAirPlayテクノロジーを使用します。 この場合、アダプターは不要であり、iPadは、サイトに存在する必要があるWiFiネットワークを使用してAppleTVに画像を送信できます。 これはより高価なオプションですが、教師がクラス内での通常の動きを妨げるケーブルがないことは興味深いかもしれないので、それほど興味深いものではありません。
Apple TVを
どちらを選択しても、iPadを使用すると、職場にあるプロジェクターに画像を非常に簡単に送信できることを明確にする必要があります。 現在、一部のセンターにあるデジタルホワイトボードを利用できるアプリケーションが開発されていますが、今のところ、ホワイトボードのメーカー間の統一性の欠如はそれを可能にしませんでした。
新しいiPadと教室用プロジェクターを使ってビジネスと練習に取り掛かりましょう。 したがって、iPadをプロジェクターと一緒に使用すると、法律で義務付けられているように、すぐに2.0の教師になります。

コメントを残します